MT車を持つ人が減っている?実際のところはどうなの?

運転免許を取りに、教習所に行きますがその時にMT車かAT車の選択をします。
しかし、現在の日本では生産されている車が、AT車がほとんどでそれ以外は減少しています。
そうなると、運転をする人も少なくなることは当然の摂理です。
確かに、昔は運転をするのが好きだから免許を取る人はいました。
運転が好きでも、それを選択する車が探してもない場合が多くなるとやはりAT車に乗ることになります。
今現在も、乗っている人はかなり以前の自動車を大切に手入れをして乗っている人だけです。
そして、その便利で運転が楽なことを覚えるともう乗ることがなくなるのが現実です。
最近は、自動車はより進化しています。
運転者が、運転をしなくても自動運転ができるような車も開発されています。
より安全に、快適に移動ができるように車メーカーは日々進化を続けています。
また、環境に影響を与えない水素で走行する自動車もまもなく販売がされます。
この先に、未来にはもう自動運転が当たり前という日が遠くないような勢いがあります。
そうなると、なおさら自動車の運転は現在よりもっと簡単になります。
そして、安全になり事故などがなくなる日も来るはずです。誰でも簡単に出来るようになっていきます。

コメントは受け付けていません。